奈良 インスタ映えスポット ホテイアオイ群生地

どうも、なこです。

本日は私の地元、奈良県にある、ホテイアオイの名所をご紹介したいと思います。見ごろになると、紫の絨毯を広げたような自然の絶景になります。インスタ映え間違いなし。

現在ちょうど見ごろを迎えてますので、皆さんぜひ足を運んでみてください。

 

ホテイアオイの群生地 本薬師寺跡(もとやくしじあと)

 

この群生地は、奈良県橿原市にある、本薬師寺跡周辺にあります。休耕田を利用して、ホテイアオイの栽培が始まったのはいつ頃だったか。私が、中学か高校生くらいの時から、徐々に始まっていた気がします。もう何十年前だか・・・

最初は、道路沿いのほんの一角でホテイアオイが栽培されていて、あ、なんか花咲いてるな、くらいの感想。でも、年々面積が広がり、今や、1.4ヘクタールの周辺の休耕田がすべ埋まってしまうほど。それが、口コミで徐々に有名になり、今や奈良県橿原市のちょっとした観光スポットになっている。

 

ホテイアオイとは

 

ホテイアオイとは、外来種の、水草のようです。別名は、ウォーターヒヤシンス。原産は、南アメリカで、水面に浮かんで生育します。そして、その葉柄が特徴的で、丸く膨らんで浮袋の役目をしています、その丸く膨らんだ葉柄の様子が、布袋の腹に見立てられ、ホテイアオイの名前の由来になったそうな。

また、朝に咲き夕には萎む、一日花で、涼しい時間の夕方を狙ってくる観光客をがっかりさせているのを、見たことがあります。こういう情報は、声を大にして教えてほしいよね。暑い時間帯を避けたいなら、早朝に来るべし!

 

誰が植えているの?

 

近隣の小学校低学年のちびっこ達が、毎年ボランティアでホテイアオイの植え付け作業を行ってくれています。それがだんだん株を増やし、9月に見ごろを迎えるころには、田んぼ一面に広がっていて、ちょっとした絶景だ。毎年ほんとに、感動をありがとう、と言いたい。

 

 

どんな景色?

 

実際に行って写真を撮ってきました!

こちら!

 

 

 

 

アップがこちら!

 

7月の暑さMAXの中、午後4時くらいに行った様子です。まだ、萎んではいませんでした~

これでもまだまだ、マバラに咲いている方。9月の見ごろには、もっと、たくさんの花が所せましと咲き誇りますので、ほんとにお勧めです!アマチュアカメラマンさん達も、カメラを持ってたくさんいらしてます!

インスタ映え間違いなし!奈良の中高生よ、是非インスタにアップしたまえ!地元の活性化に貢献しよう!

 

アクセス

 

橿原神宮前駅から、京都方面へ一駅。最寄り駅は、畝傍御陵前という小さな駅です。

駅からは、おそらく徒歩で15分~20分ほどかかるんじゃないかな。なんせ、地元民のため、歩いて行ったことがない。←車でいくとしたら、駐車場があまり広くないので、要注意です。群生地から少し離れたところに、有料駐車場があるのと、ほんとに群生地の目の前にもあります。ただ、住宅地の入り口というロケーションから、駐車スペースが結構狭いです。あまり台数は入らないと思う。9月下旬なら、暑さも少しマシになっていると思うので、徒歩で来られるのが、ベストです。

詳細情報は、以下の通りです。

電車:近鉄橿原線畝傍御陵前駅下車東へ約0.5km(夏だと、体感もっと歩いてるように感じると思うw)

車:大阪方面より
南阪奈道路葛城インターから大和高田バイパスに入り小房交差点を右折し国道169号線へ。4つ目の信号(左手に餃子の王将)を左折し約0.4km。(ちょっと、道が細くなっていくから、気を付けて!)

車:京都方面より
国道24号線兵部町交差点を左折し国道169号線へ。小房交差点を通過し、4つ目の信号(左手に餃子の王将)を左折し約0.4km。(ちょっと、道が細くなっていくから、気を付けて!)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください