女一人で海外旅行に行ってみた時の話 タイ旅行編 3日目 柱の陰で早着替え

◆カオサンロードと王宮◆

 

3日目。

朝6時半に起床。

朝食はホテルで済ませ、9時過ぎに出発した。

今日は、初めに、観光客のメッカと呼ばれる、カオサンロードに向かう。

 

シーロム→サパーンタクシン→チャオプラヤーツーリストボート→プラ・アーティット→徒歩

 

事前に調べた、以上のルートで目的地まで向かう。

電車は、一度乗り方さえ覚えてしまえば、簡単だった。

バンコク市内の電車の切符は、エアポートレールリンクと違い、テレフォンカードのようなカードだった。

券売機には、数字が真ん中に書かれた丸いボタンが縦に2列に並んでいる。

その横には駅名。

丸いボタンの真ん中に書かれた数字がその駅までの料金だ。

 

サパーンタクシンまで切符を購入し、チャオプラヤー川のサトゥーン駅へ向かう。

 

 

サパーンタクシンに到着し、2番出口を出るとすぐにボート乗り場があった。

観光客用のスタッフが常駐しているようで、すぐにどこまで行くのか

チケットは何枚いるのかを英語で尋ねられた。

 

カオサンロードへ一人で行きたいことを伝えると、私が窓口に到着する前に

チケットを持って戻ってきてくれた。

(ちなみにチケット代金は40バーツだった。)

 

もうすぐ出発するから、ここで待つように、と待合場所に誘導され、待つこと10分。

ゲートが開かれ、ボートに乗り込む。

カオサンロードの最寄り駅は、終点の一つ手前の駅だ。

ツーリスト用ボートに乗り込んだので、各駅ごとに簡単な英語での案内があった。

迷わず最寄り駅に到着。

ここから徒歩でカオサンロードまで向かう。

 

 

ここでWi-Fiを起動し、マップを確認。

徒歩での移動は自信がない。私はとても方向音痴だ。

目的地まで5分あれば、余裕で迷う。

先人たちが載せている、ブログも参考にさせていただいた。

 

 

だが迷った。

 

 

やっぱりな、と思いながら適当にうろついてみる。

観光案内所があったので、入って地図ももらってみる。

でもたどり着かない。

 

 

最寄駅からは800メートルほどで、10分で到着すると、誰かのブログに書いてあった。

 

 

私が観光案内所に入ったときにはすでに30分は歩いており、トゥクトゥク乗りのお兄さんに3回、タクシーのおじさんに2回、乗らないか、と声を掛けられていた。

 

その全てを断り続けて歩き続けること1時間。

 

やっと到着。カオサンロードだ。

 

すでに11時前で、歩き続けた疲労感とちょっとした達成感を味わいながら、カオサンロードを見学。

今夜のパジャマ用に、ゾウのTシャツと薄手のズボンを値切りまくって購入した後、昼食にしようとお店に入った。

 

カフェのようなお店で、トムヤムクンとマンゴースムージーを注文。

トムヤムクンは絶対に食べようと決めていた。

念願の料理をまずは一口。

 

予想外な酸味が口の中に広がった。

以外にさっぱりしているのか?

と思いながら食べ進めると、濃厚なエビの旨味。

かすかに、薬膳料理のような香りもした。

 

韓国で食べたサムゲタンを思い出した。

 

それからマンゴースムージーを飲んでいると、急にスコールに襲われた。

テラス席に座っていたので、慌てて非難。

雨具も持っていなかったので、雨が止むまでその場で待ってから、次の目的地の王宮へ向かうことに。

 

その途中に親切を装ったぼったくり兄さんに出会った。

 

14時半。王宮はお祈りで閉鎖されているよ、別のルートで行きな、と。

そのルートにはボートが必要だが、観光客用のボートは3,000バーツかかるよ、でも俺の知り合いのボートなら、1,500バーツで乗り放題だよ、と。

 

いやいや、ここまで40バーツのボートできたから。

なんでここでいきなり金額が跳ね上がるねん、と。

 

何度か断ったがしつこく、次の目的地で友達が待ってるから、と嘘をついて無理やり振り切った。

 

気温35度の中を15分。

今度は他のツアー客に紛れて歩いて行ったので、道には迷わなかった

 

王宮に到着。

 

王宮への入場は厳しく、ダメージジーンズをはいていた私は止められてしまった。

破れている部分を布で覆わないと王宮内へ入れません。

レンタル用のスカート100バーツで提供している、と。

 

ここでカオサンロードで購入した薄手のズボンが役に立った。

服を持っていることをアピールし、100バーツのレンタルスカートは断った。

ただ、着替えるための部屋はなく、観光客でごったがえす廊下の隅の柱の陰で着替えるはめに。

受付のおばちゃんが見張っててくれたけど、まさか海外の外で早着替えをする羽目になるとは。

 

以下王宮内の建物の写真。

 

途中、フランス人カップルと、アジア人に写真を頼まれた。

一人旅行者は、声を掛けられやすいようだ。

 

王宮はもっとゆっくり見たかったけど、時間がないのでサクッと回った。

 

 

 

さあ、次はワットポーだ。迷わず行けるだろうか。

 

 

 

女一人で海外旅行に行ってみた時の話 タイ旅行編 事前準備~1日目

女一人で海外旅行に行ってみた時の話 タイ旅行編 2日目ヤシの実パーク

女一人で海外旅行に行ってみた時の話 タイ旅行編 2日目水上マーケット

女一人で海外旅行に行ってみた時の話 タイ旅行編 2日目 アユタヤ遺跡とゾウ使い

女一人で海外旅行に行ってみた時の話 タイ旅行編 3日目 犬に追いかけられて

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください